KyaroLine

ポケモンのことならKyaroLine ~ゲームからグッズまで~

【スポンサーリンク】

【シングル】グロパンガルーラ -シーズン7でも健在-

みなさんこんにちは、きゃろらいん(Twitter:kyarolinepoke)です

 

グロパンガルーラがシーズン7でも通用していたみたいなので驚いて記事を書いています

一体どんな構築だったのか、紹介しましょう

 

パーティメンバーの紹介f:id:kyaroline:20180220073308p:plain

 

f:id:kyaroline:20180220065624p:plainガルーラ

実数値:181-161-100-x-100-142

努力値:4-252-0-0-0-252

 

f:id:kyaroline:20180220065603p:plainミミッキュ

実数値:131-156-100-0-125-148

努力値:6-252-0-0-0-252

 

f:id:kyaroline:20180220065253g:plain キノガッサ

実数値:136-200-100-x-80-122

努力値:4-252-0-0-0-252

 

f:id:kyaroline:20180220065223p:plainカプ・テテフ

実数値:145-x-96-200-135-147

努力値:0-0-4-252-0-252

 

f:id:kyaroline:20180220065202g:plainボーマンダ

実数値:171-x-100-162-100-167

努力値:4-0-0-252-0-252

 

f:id:kyaroline:20180220065125g:plain カバルドン

実数値:215-132-187-x-93-67

努力値:252-0-252-0-4-0

 

 

なぜガルーラが使えたのか

ガルーラはXYが発売されてからすぐに注目されて、誰でも一度は使ったことがあるようなポケモンだと思います

だからこそ対策も多くされているポケモンでもあります

そのガルーラがなぜ使えたのかという秘密は前のシーズン終盤にあったようです

このガルーラが活躍したのはシーズン7ですから、その前のシーズンはシーズン6ですが、そのシーズン6の終盤には「ゴツゴツメット」持ち物理受けポケモンが減少していたみたいです

その理由は、Z技の多用で受けが成立しにくくなったことが考えられますね

そんなわけでゴツゴツメット」持ち物理受けポケモンの減少

が背景にはあったのですね

 

このパーティの選出の仕方は?

では実践に移るとしてこのパーティの選出の仕方を整理します

基本選出は2パターンあり

①先発f:id:kyaroline:20180220065624p:plain 後発f:id:kyaroline:20180220065603p:plain+α

②先発f:id:kyaroline:20180220065603p:plain 後発f:id:kyaroline:20180220065253g:plain+α

となっています

物理受けが見られないときは①の選出でf:id:kyaroline:20180220065624p:plainガルーラを暴れさせ、

f:id:kyaroline:20180220065624p:plainガルーラが出しずらいときは②の選出をしましょう!!

 

 

まとめ 

f:id:kyaroline:20180220065624p:plainガルーラはどのルールでも強く、とても使いやすいポケモンなので対戦を始めたばっかりのひとは一度使ってみることをオススメします!

まだまだ高レートでもf:id:kyaroline:20180220065624p:plainガルーラは健在ですね

f:id:kyaroline:20180220072346p:plainf:id:kyaroline:20180220065125g:plain物理受けに注意f:id:kyaroline:20180220072346p:plainf:id:kyaroline:20180220065125g:plain