KyaroLine

ポケモンのことならKyaroLine ~ゲームからグッズまで~

【スポンサーリンク】

起点づくりラグラージに火力を求めてみた

f:id:kyaroline:20180408064240p:plain

みなさんこんにちは、きゃろらいん(Twitter:kyarolinepoke)です

 

起点づくりとは

つるぎのまい」や「めいそう」などの自身を強化する変化技を使うための隙をつくる行為 

 である。

 

その起点づくりをするポケモンは耐久力をあげるケースが多く、攻撃力が低いのに加えて、所持している攻撃技が少ないのが特徴です。起点づくりのために「リフレクター」や「でんじは」などの変化技を採用するので、当然の結果だといえるでしょう。

 

そんな起点づくりのポケモンが攻撃できたらなお強い。至極当然である。

実現したのが、今回のラグラージ

 

起点づくりとしてのラグラージは評価が高いポケモンである。

一定の耐久力。弱点の少なさ。「あくび」「ステルスロック」などの変化技が多い。

ただし「ちょうはつ」に弱いというウィークポイントもある。

そのウィークポイントをミズZで補うことで、幅を増やしました。

 

詳細

f:id:kyaroline:20180408063606p:plain

 実数値:207-x-110-150-111-80

きそポイント:252-0-0-252-4-0(ひかえめ)

 

配分はいわゆる「ぶっぱ」になっていますが、火力を求めるというコンセプトなので、振り切る方針で。

攻撃技を2つ以上にする場合なら、持ち物の幅はもっと広げてもいいかと思います。

 

このラグラージが採用されたパーティがこちら。

シーズン8のシングルレートで2000越えを達成されています。

www.kyaloline.club

 

 

【スポンサーリンク】