KyaroLine

ポケモンのことならKyaroLine ~ゲームからグッズまで~

【スポンサーリンク】

最新ペロリームの使い方は腹太鼓?それとも?

f:id:kyaroline:20180420140745p:plain

みなさんこんにちは、きゃろらいん(Twitter:kyarolinepoke)です

 

相手がペロリームを出してきたとき

もしくは、自分がペロリームを使いたいとき

まずはなにを警戒するでしょうか、どんな使い方を想像するでしょうか。

 

わたしは「はらだいこ」の印象が強いです。

 

「はらだいこ」を使い、攻撃を上昇させ、「じゃれつく」などで攻撃していくスタイルが、カロスシングルの初期においては、ペロリームの基本の動きだったかと思います。

 

もちろん現在においてもペロリームは「はらだいこ」をしてくるケースはよくありますが、そんな思い込みを逆手に取った型も登場しているみたいです。

 

ペロリームで「はらだいこ」する強さは?

他の「はらだいこ」使いと比較すると分かりやすいですよね。

フェアリータイプの「はらだいこ」使いで代表的なポケモンといえば、マリルリです。

基本的にはマリルリの方が高い威力で攻撃できます。さらにマリルリには「アクアジェット」という先制技まであります。

 

ではペロリームが優れている点はあるのか。

あります!

 

弱点が異なる、素早さがマリルリより早い。

以上の2点がマリルリにはない、ペロリームアイデンティティです。

 

例えば、相手がサンダーを出してきたときに、マリルリは弱点を突かれて倒されてしまうので、「はらだいこ」を使いずらくなりますが、ペロリームならサンダーの攻撃を耐えて、「はらだいこ」を使うことができます。

 

加えて、持ち物が無くなった段階で、特性かるわざで素早さが2倍になるので、普段なら後攻になってしまうポケモンに対しても、先に攻撃できる可能性が非常に高くなります。

 

では次に、実際に使われているペロリームの型、調整を見ていきましょう。

 

ペロリームの型紹介♪

f:id:kyaroline:20180420152411p:plain

 

 

・はらだいこ型

わざ:じゃれつく、ドレインパンチ、みがわり、はらだいこ

実数値:176-116-123-x-96-116

きそポイント:148-124-44-0-4-188(わんぱく)

持ち物:オボンのみ

 

・起点づくり型

わざ:ねばねばネット、がむしゃら、あくび、マジカルシャインorかえんほうしゃ

実数値:157-x-107-137-95-136

きそポイント:4-0-0-252-0-252(おくびょう)

持ち物: きあいのタスキ

 

特性はいずれの場合も「かるわざ」です。

また、2つともレーティングバトルで2000以上の高いレートを出したパーティに入っているペロリームになります。

 

以上のように、はらだいこ型と起点づくり型の大きく2種類に分けられます。

そして、ウルトラサン・ムーンシーズン9現在においては、

起点づくり型がほとんどかと思います。

あくまで高いレーティングにおいてですが。

 

2つの型の見分け方は?

初手に出てきたら起点づくり型、後から出てきたらはらだいこ型というように見分けられるかと思います。

 

初手に出てきたときには、挑発をすることをお勧めします。

間違ってもZ技を使って潰しにかからないようにしましょう。

しかし、後ろからペロリームが出てきたときには、Z技などの威力の高い技を使って、すぐに処理するようにしましょう。

 

 

これを見ている人がやっている段階では、もしかしたら第3の型が生み出されているかもしれません。

よくある特性かるわざのポケモンに持たされるのは、エレキシードやサイコシードがありますが、ペロリームには微妙かも笑。