KyaroLine

ポケモンのことならKyaroLine ~ゲームからグッズまで~

【スポンサーリンク】

カクレオンをレートで使うなら 実はシングルでもダブルでも使える!

f:id:kyaroline:20180427164338p:plain

みなさんこんにちは、きゃろらいん(Twitter:kyarolinepoke)です

 

カクレオンってしていますか?

ポケットモンスタールビー・サファイアから登場したポケモンで、

ゲームのストーリーでは必ずバトルになるなど、知ってる人は少なくないポケモンだと思います。

 

f:id:kyaroline:20180427155623j:plain

 

そんなカクレオンですが、対戦で使ったことある人はどれくらいいるでしょうか。

カクレオンが好きでもない限り、ほとんど使ったことがない人が大半ではないでしょうか。

今回は、そんなカクレオンを使うにはどうすればいいのか、カクレオンが好きで対戦に使っている人の一般的な使い方を見ていきます。

 

まずはシングルバトルから見て、次にダブルバトルでの使い方を見ていきます。

f:id:kyaroline:20180427163422p:plainf:id:kyaroline:20180427163422p:plainf:id:kyaroline:20180427163422p:plain


 

f:id:kyaroline:20180427163521p:plainシングルでの使い方f:id:kyaroline:20180427163521p:plain

伝説ポケモンであれば相手の全部のポケモンを倒すことができたりしますが、

カクレオンは元々の実数値が全体的に低いため、役割を明確にしなければなりません。

 

そこで、シングルでのカクレオン

特防に特化します。

カクレオンは全体的な数字は低いのですが、特防に関しては伝説ポケモンとも肩を並べられるくらいのものを持っています。

その特防に特化することで、相手の特殊攻撃を受けつつ、こちらも反撃するのがカクレオンの戦い方になります。

 

わざ:かげうち、ふいうち、ドレインパンチ、おんがえし

実数値:167-156-90-x-141-60

きそポイント:252-252-0-0-4-0(いじっぱり)

持ち物:とつげきチョッキ

特性:へんげんじざい

 

特防に特化と書きましたが、攻撃もしないと倒されるだけなので、間を取って攻撃も上げることをオススメします。

格闘タイプを相手にするときには、「かげうち」を使うと特性へんげんじざいのおかげでゴーストタイプにタイプが変化するので、ダメージを受けなくなります。

 

では次に、ダブルバトルでの使い方を見ていきましょう。

 

f:id:kyaroline:20180427163521p:plainダブルでの使い方f:id:kyaroline:20180427163521p:plain

シングルでもそうでしたが、カクレオンは伝説ポケモンのようなスペックはないので、役割を明確に決める必要があります。

ダブルでは、

特防に特化し、トリックルームを使うこと

に役割を集中しましょう。

 

ダブルバトルでは、トリックルームを使うパーティはシングルバトルより頻繁にみられるので活躍が見込めます。

しかし、ダブルバトルトリックルームを使うのはクレセリアやポリゴン2といった耐久が高いポケモンであり、カクレオンが特防に特化したところで、魅力を感じることはそんなにありません。

 

ではどうすればよいか。

その答えとして「じこあんじ」を採用している人がいました。

味方のカビゴンで「はらだいこ」をして攻撃を上昇されたあとに、カクレオンが「じこあんじ」をして能力上昇をコピーし、カクレオン自身もアタッカーになるという戦法を使っているかたがいました。

 

わざ:ふいうち、ほのおのパンチ、じこあんじ、トリックルーム

 

実数値:167-156-90-x-141-40

きそポイント:252-252-0-0-4-0(ゆうかん)

持ち物:ノーマルZ

特性:へんげんじざい

 

攻撃のランクを最大まで上げると、当然かもしれませんが「ふいうち」で防御特化のクレセリアを1発KOできます。

ただし、性格をゆうかんなどの攻撃が上がるものにしないと厳しいので、耐えたい攻撃があるならそこまで耐久を上げてもいいですが、できるだけ攻撃にきそポイントを配分したほうがいいかと思います。

 

f:id:kyaroline:20180427163521p:plainまとめf:id:kyaroline:20180427163521p:plain

今回紹介してきたカクレオンはどちらも特防を上げて耐久を上げながら、反撃をするというものでした。

シングルにおいては、数少ない特性へんげんじざいがあるので、他との差別化を図るのは比較的容易ですね。

ダブルにおいては、「トリックルーム」を使うポケモンたちは耐久が高いポケモンたちが多いので、「じこあんじ」などの差別化を図る必要があり、少し難易度は上がっているかなという印象です。

 

特防が意外にも高いので、相手にするときには、なめてかかると痛い目にあうかもしれませんので、ご注意を