KyaroLine

ポケモンのことならKyaroLine ~ゲームからグッズまで~

【スポンサーリンク】

リングマの火力指数がエグい!攻撃特化ランドロスのZ技より高い

f:id:kyaroline:20180502110243p:plain

みなさんこんにちは、きゃろらいん(Twitter:kyarolinepoke)です

 

リングマをレートで見たときには注意しなければなりません。

なぜなら、そこらへんのZ技なんかより高い威力の技を毎ターンのように使ってくるからです。

 

なぜリングマの火力が高いのか。

f:id:kyaroline:20180502105640p:plainf:id:kyaroline:20180502105640p:plainf:id:kyaroline:20180502105640p:plain

そのからくりは特性にあります。

リングマの特性こんじょうは、状態異常のとき「こうげき」が1.5倍になるというものです。つまり状態異常になっているだけで、こだわりハチマキを持たせているのと同じ効果を永続的に得ることができます。

ここに、「からげんき」という技を使うことでZ技異常の火力を出すことができるようになります。

「からげんき」は、状態異常のときに威力が2倍になるので、特性こんじょうととても相性がよいのです。

 

リングマを状態異常にするときには、「かえんだま」という道具を用います。「かえんだま」は持たせたポケモンをやけど状態にするので、状態異常のときに火力を上げられるリングマと相性が良い道具なのです。

 

以上のように、

特性こんじょう×「からげんき」×状態異常

という方程式がZ技を超えることができる要因になります。

 

本当にZ技を越えているの?

では次に実際に計算して、火力が本当にZ技を越えているのかを見ていきます。

 

今回は火力指数を比べます。

火力指数とは、実際のバトルでは考慮される相性や道具をいったん置いておいて、純粋な威力を求めた数字です。

火力指数は、実数値×技の威力×タイプ一致の有無で求められます。

 

今回使うリングマの実数値は、

攻撃がもっとも高い、攻撃実数値200のもので計算を行う。

詳しい人にわかりやすく言うと、意地っ張りA252だと思ってもらって間違いない。

リングマの火力指数を計算してみると

攻撃実数値300(200×1.5)×からげんきの威力140(70×2)×1.5=63000

この結果、f:id:kyaroline:20180502105607p:plainリングマの火力指数は63000であることがわかりました。

 ※リングマは状態異常になっているものとし、特性こんじょうにより、攻撃実数値は1.5倍になり、「からげんき」の威力は2倍となる

 

ここからは対戦においてメジャーなポケモンと比べていく。

もちろん各ポケモンの攻撃実数値は、リングマと同様にもっとも高い値となる意地っ張りA252だと思ってもらって間違いない。

 

f:id:kyaroline:20180502104547p:plainランドロスの場合

攻撃実数値216(最大値)×ジメンZ180(「じしん」Z)×1.5=58320

この結果、ランドロスの火力指数は58320であることがわかりました。

 

f:id:kyaroline:20180428130428p:plainミミッキュの場合

攻撃実数値156(最大値)×ミミッキュZ190×1.5=44460

この結果、ミミッキュの火力指数は44460であることがわかりました。

 

f:id:kyaroline:20180502104833p:plainカミツルギの場合

攻撃実数値256(最大値)×ハガネZ140(「スマートホーン」Z)×1.5=53760

この結果、カミツルギの火力指数は53760であることがわかりました。

 

ここでは採用率が高いメジャーなポケモンの数字を出しましたが、いずれを見てもリングマの火力指数の高さがわかるかと思います。

火力指数は簡単に調べられることができるので、ほかに気になるポケモンの火力指数がある人は、自分で調べてみることをオススメします。新しい発見があるかもしれません。

 

 

いかがでしたでしょうか。

リングマのかえんだま型は知っていたけど、こんなにも火力が高いとは思っていなかった人も多いのではないでしょうか。

リングマの魅力が少しでも伝わっていたら幸いです。

あと、レートでリングマが出てきたら気をつけましょう笑。