KyaroLine

ポケモンのことならKyaroLine ~ゲームからグッズまで~

【スポンサーリンク】

【VGC2018】マレーシア大会優勝構築サナガエン -日本語訳紹介-

f:id:kyaroline:20180514192216p:plain

みなさんこんにちは、きゃろらいん(Twitter:kyarolinepoke)です

 

世界大会に向けたマレーシアの大会において優勝したベンジャミン・タンさんのパーティを紹介します。

この記事は、海外サイト「TRAINER TOWER」に掲載されているものを日本語訳したものです。

翻訳の際には、純粋な辞書的なものではなく、ポケモンの中でもバトルをする層が使うスラングのようなものを交えて行いました。

 

構築経緯(採用理由)

・まずは、f:id:kyaroline:20180514185906p:plainメガサーナイトを採用

→一番の採用理由は、「ハイパーボイス」の攻撃力の高さである。

加えて、特性「トレース」と、わざ「トリックルーム」を使えることにも注目した。

「トレース」はビーストブーストをトレースすることを期待した。

 

・次に、f:id:kyaroline:20180514185928p:plainポリゴン2を採用

クレセリアよりも優れていると考えての採用である。

確かにクレセリアの方が、ランドロスに対する受け性能は高いかもしれない。

しかし、ポリゴン2は一般的に覚えていることの多い「10万ボルト」ではなく、「シャドーボール」を覚えさせることで、メタグロスギルガルド、ゲンガーというポケモンにとても強くなる。

特に、メガゲンガーを確定2発で倒すことができることが大きいと考えた。

 

・次に、f:id:kyaroline:20180514190055p:plainガオガエンを採用

→特性「いかく」と、わざ「ねこだまし」を求めての採用である。

さらに、わざ「けたぐり」は、カビゴンバンギラスガオガエンに圧力をかけることを目的としている。

初戦で「けたぐり」を見せることで、2戦目以降に相手がガオガエンを早急に処理したくなることを期待している。

※海外は2戦先取したほうが勝ちというルールのため

 

・次に、f:id:kyaroline:20180514190139g:plainカプ・コケコを採用

→至って普通のカプ・コケコ。メガリザードンYカプ・レヒレを処理することを一番の目的としている。

デンキZにしているのは、上記のほかに、メタグロスやゲンガーも倒せるようにしたためである。

また、「ボルトチェンジ」や「めざめるパワー(氷)」ではなく、「ちょうはつ」を優先したのは、場を作る補助技(「おいかぜ」や「トリックルーム」など)を防ぐためである。

 

・次に、f:id:kyaroline:20180514190210p:plainオニシズクモを採用

ランドロスガオガエンにとても強いことが採用の理由。

さらに、メガリザードンYメタグロスに強いことも評価が高い。

また、「ワイドガード」はパーティに地面の一貫があるため、必要である。

 

・最後に、f:id:kyaroline:20180514190251p:plainカミツルギを採用

→「おいかぜ」により、特にサーナイトの役割遂行を促すことを目的としている。

また、水、地面、岩タイプが弱点であるガオガエンと相性がよいことも良い。

せいなるつるぎ」を採用して、ガオガエンカビゴンバンギラスにさらに強くしている。

 

以上のようにしてパーティメンバーの選択がなされている。

 

パーティ詳細

f:id:kyaroline:20180514185809p:plain

 

f:id:kyaroline:20180514185841p:plainサーナイトf:id:kyaroline:20180514185906p:plain

実数値:(メガシンカ前)

実数値:(メガシンカ後)

きそポイント:252-0-164-52-4-36(ひかえめ)

 調整(両方ともメガシンカ後を想定)

・陽気A252メガメタグロスの「アイアンヘッド」(A一段階下降)を確定1回耐え

・臆病C252メガゲンガーの「ヘドロばくだん」を確定1回耐え

 

f:id:kyaroline:20180514185928p:plainポリゴン2

実数値:

きそポイント:244-0-100-0-164-0(なまいき)

調整

・控えめC252ルンパッパの「Zハイドロポンプ」(雨下)を確定1回耐え

・控えめC252ペリッパーの「ねっとう」(雨下)を確定3回耐え

 

f:id:kyaroline:20180514190055p:plainガオガエン 

実数値:

きそポイント:236-116-68-0-68-20(いじっぱり)

 調整

・「Zフレアドライブ」で、穏やかH252D4モロバレルを確定1発

・控えめC252ルンパッパの「ハイドロポンプ」(雨下)を確定耐え

 

f:id:kyaroline:20180514190139g:plainカプ・コケコ

実数値:

きそポイント:0-0-0-252-4-252(おくびょう)

 調整 特に記載なし

 

f:id:kyaroline:20180514190210p:plainオニシズクモ

実数値:

きそポイント:252-188-0-0-68-0(ゆうかん)

調整

・意地っ張りA252ランドロスの「いわなだれ」(ダブルダメ)を94.9%で2回耐える

 

f:id:kyaroline:20180514190251p:plainカミツルギ

実数値:

きそポイント:4-252-0-0-0-252(ようき)

 調整 特に記載なし

 

 

具体的な動かし方

基本的なコンセプトは、高威力&高速(ビートスタン)です。

そして、軸となるポケモンf:id:kyaroline:20180514190139g:plainカプ・コケコ、f:id:kyaroline:20180514190251p:plainカミツルギf:id:kyaroline:20180514185906p:plainサーナイトです。

 

初手

f:id:kyaroline:20180514185906p:plainサーナイトf:id:kyaroline:20180514190055p:plainガオガエン

ねこだまし」を活用して、サーナイトを動かします。

メタグロスやゲンガーはガオガエンに任せましょう。

 

f:id:kyaroline:20180514185906p:plainサーナイトf:id:kyaroline:20180514190139g:plainカプ・コケコ

相手にミロカロスがいる場合にこの並びを選出します。

間違っても特性いかくで、ミロカロスを強化したくはありません。

 

f:id:kyaroline:20180514190055p:plainガオガエンf:id:kyaroline:20180514185928p:plainポリゴン2

相手にランドロスリザードンメタグロスといったポケモンたちがいるときに、この並びを選出します。

ねこだまし」のおかげで、スムーズに「トリックルーム」ができます。

 

f:id:kyaroline:20180514190139g:plainカプ・コケコ+f:id:kyaroline:20180514190251p:plainカミツルギ

相手にイーブイマリルリがいるときに、この並びを選出します。

カプ・コケコの「ちょうはつ」で警戒して、カミツルギで相手を倒していきます。

「おいかぜ」によるすばやさ調整も維持しましょう。

 

選出パターン

・基本選出(ビートスタン)

f:id:kyaroline:20180514185906p:plainサーナイトf:id:kyaroline:20180514190055p:plainガオガエンf:id:kyaroline:20180514190139g:plainカプ・コケコ+α

最も攻撃的な並びになります。

ガオガエンの特性「いかく」と「ねこだまし」によって、サーナイトやカプ・コケコを守りながら戦います。動きやすくなったサーナイトとカプ・コケコが大きなダメージを与えることができるため、勝ちにつながりやすいです。

また、サーナイトが最も苦手とするメタグロスに対して、カプ・コケコとガオガエンが強いことがなによりも大きいです。

 

・裏選出(トリックルーム

先発:f:id:kyaroline:20180514190055p:plainガオガエンf:id:kyaroline:20180514185928p:plainポリゴン2

後発:f:id:kyaroline:20180514190139g:plainカプ・コケコ+f:id:kyaroline:20180514190210p:plainオニシズクモ

この選出の時は、「トリックルーム」を使いながら戦うことになります。

ガオガエンオニシズクモが「トリックルーム」を使うことで活躍しやすくなりますが、「トリックルーム」が切れた後のことを考えて、さらには「トリックルーム」を使うことができなかったときのためにも、カプ・コケコを入れるようにしましょう。

 

 

いかがだったでしょうか。

日本のインターネット予選が終わりましたが、勝ちぬいた人は世界大会に向けてまだまだ準備をしなければならないでしょう。また、レーティングバトルやPCLなどのイベントでこのルールで遊ぶことがあるかと思います。

そんな人たちに向けて、少しでも参考になったら幸いです。

 

最後にQRパーティを公開しておきます。

上記のパーティと全く同じ配分、わざ構成のものです。

3ds.pokemon-gl.com